自由が丘にあるインディバ・マリーカテールを使った小顔矯正エステ クールドール

インディバについて

home > indiba

インディバとは

インディバとは電気メスを開発したスペインのホセ・カルベット氏が開発された高周波温熱機器です。

身体にジュール熱を発生させることによって、自分自身の体内温度を3〜5度上昇させ体の中からじんわりと温まるのを実感できます。

施術を受けている感覚は、機械とは思えないほどやさしく、温かい手でマッサージされているような感覚で痛みはありません。

インディバ

クールドール式インディバ効果

クールドールではインディバと小顔矯正・美脚矯正を組み合わせた施術を行っています。

お顔や脚のトラブルには様々な要因があります。

むくみ、脂肪、筋肉、歪みなどが本来のお顔の美しさや美脚ラインを崩してしまいます。

インディバで短時間に血流とリンパの流れをよくして、直後に矯正を行う事で、矯正効果を高めることが出来ます。

お顔のトラブルについて、お顔につながっている、首、デコルテ、肩、背中の筋肉の影響を受けています。

インディバでこれらの筋肉を柔らかくしなやかに変えていくと、体の不調から解放されるだけでなく、フェイスラインが整い、歪みも解消され、小顔になります。

お顔のケアと共にお首、デコルテ、肩、背中のケアをしっかり行うことがトラブル知らずの小顔への近道です。

インディバ施術イメージ

脚のトラブルについて、冷えとむくみがセルライトを生み出します。

一度出来てしまったセルライトは脚のカタチまでも変えてしまい固い脚になってしまいます。

インディバで温めながら血流とリンパの流れをよくしてむくみを解消。

さらにセルライトを分解して柔らかい筋肉に変え、メリハリのある美脚に仕上げていきます。

インディバ+独自の技術で様々なトラブルのもとを解消して結果をお出しします。

そのほかのインディバの効果

インディバはフェイシャル・ボディーのどこにでも施術する事が可能です。

施術するだけで全身の細胞が活性化され、自律神経を整え、抵抗や免疫力を高めてくれる様々な効果を同時に得ることができます。

まず、体を温めることにより内臓機能を高め老廃物を運搬するリンパの流れ、血液循環を促進します。

そのことにより、«冷えの改善» «むくみの緩和»。

そしてセルライトを分解・排泄をして、そのうえ、代謝を高め有酸素運動の5倍もの温熱効果をもたらすことにより«痩せやすいからだ» «サイズダウン効果» «体質改善»。

さらに筋肉をやわらげることにより «疲労改善» «肩こり改善» «リフトアップ»などの効果を得られます。

そのほかに も下記のような効果があります。

  • ・ しみ・しわの改善・老化防止 (Anti-Aging)
  • ・ 予防美容(Preventive Beauty)
  • ・ 脂肪吸引・豊胸手術後のアフターケア
  • ・ 皮下脂肪・内臓脂肪の自然燃焼の促進
  • ・ メタボ予防
  • ・ バストアップ
インディバ施術イメージ

温めることの重要性

冷えは万病のもとです。健康な人の体温は、およそ36.5度であるとされています。

この体温が1度下がると免疫力が30%下がり、様々な未病・病気にかかりやすいとされています。

また代謝量は13%もさがり痩せにくくなるとされています。

しかし近年、冷房のつけすぎや、不規則な食生活・過度のストレス・シャワーだけで済ませてしまうなどの習慣が増えているため、体温が35度台以下の低体温の人が増えています。

冷えてしまった体は、治癒能力や免疫能力がきちんと働かない状態になり、アトピーや生理不順、肥満症、内臓脂肪症候群など様々な病気をも引き起こしてしまいます。

本来の健康美を取り戻すためには、体を温めることが必要です。

インディバは、とても効果的な方法で体を温めることができます。

インディバの体内熱源

今まで皆様がご存知だった温熱療法(温泉、サウナ、岩盤浴など等)の熱源は全て体の外にあります。

そのため、体外熱源をもとに体をあたためています。

一方インディバの温熱療法は自分自身の体の中に熱源を作り温める体内熱源です。

この二つの熱源の違いについて説明します。

皆様が温泉で感じる「体の芯まで温まる」は、温泉のお湯の温度が体の中にしみ込んできたのではありません。

「錯覚」だったのです。

皮膚表面の近くまできている毛細血管が体外の温泉の熱を吸収し、温かくなった血液が徐々に体内の血管に運搬され、数十分もすると体全体の血液が温まりそれを「芯まで温まる」と勘違いされていたのです。

温泉の温度もさまざまですが、だいたい40~43度です。

気持ち良いほどほどの温度ですから、ゆっくり温まる感じの方が強いのです。

よって、温泉では「芯まで温まる」と言います。

次に「インディバ」の熱源について説明を致します。

インディバの熱源は体内で発生するものであり、その熱は「ジュール熱」と呼ばれます。インディバ機器より体内に浸透する高周波エネルギーが、細胞一つ一つの抵抗と分子の移動によって起る摩擦熱で、通常の各組織の温度を一時的に1~7度上昇させます。

そのことにより自分自身の身体の中から温度を上昇させることになり、本当の「体の芯まで温まる」をご実感できます。

これをインディバ独自の「深部加温」と言います。

このように体外温熱と違い体内から熱を発生させることにより、体の中の熱が冷めにくく半日以上熱が持続するため様々な効果が同時に得られます。

ジュール熱とは?

ジュール熱 人は生体の大きく分けて3つの熱調整機能を働かせ体温調節を行い、身体を動かしています。
一つ目は代謝で生じる熱。二つ目は体外の温度を毛細血管より吸収する熱。
三つ目は体内で発生するジュール熱に分けられます。
「ジュール熱」とは、細胞の分子の移動によって生じる「摩擦熱」とも呼ばれる熱で、細胞組織の抵抗によっても熱の発生が異なります。
その熱は高周波の電磁エネルギーの作用によって生じますが、人体には安全な電磁波として証明されています。
インディバが使用している周波数はたった0.44メガヘルツ(1秒間に44万の波)の高周波を使用しています。
人間の背丈よりも長い波です。よって手術などにより体内に金属プレートやボルトがあっても、それらに熱が生じません。
「ジュール熱」は生きた細胞にしか発生しないのが特徴です。

予防美容

インディバは、現在、日本において美容・医療分野で主に使用されており、大変幅広い用途があります。

インディバのトリートメントは、外面のトラブルのケアだけではなく、トラブルの根源となる内面のトラブルのケアが可能な機器といえます。

一番重要な「体」という健康でしっかりした「土壌」なくしてお望みの「美容」はゲットできません。

ますます必要となる「予防美容」もインディバにお任せ下さい。

「健やかに美しく」はもう夢ではありません。

それを確実に実現させる次世代機器がインディバなのです。

「若返り」や「抗老化」の具体的対応策として、自然治癒力・抵抗力の向上を兼ねた次世代に欠かせない「予防美容」のケア法が多くの専門分野で研究されています。

更年期にあたる30歳代後半から40歳代の様々な障害をいかに軽くスムーズにパスするかが第一ステップであり、その為には、内分泌系や自律神経系バランスの調整、免疫力を高め、自己の治癒力・抵抗力をつける事が大切です。

もちろん、日常の適切な美容ケアも継続しなければなりません。適切なサプリメントや、予防治療の選択をお薦めします。

インディバに関するご質問、インディバ施術についてのご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

More Information

  • インディバについて
  • マリーカテールについて
  • 取り扱い商品
  • メディア掲載情報
  • Staff Blog
  • インディバ・マリーカテールを使った小顔矯正エステ クールドール 公式 facebookページ
  • ご紹介特典
  • いつあき予約 空き状況検索
  • 公式アプリ パーソナル小顔診断